全く思ってもない妊娠をしないために低用量ピル「トリキュラー」

最終的にコンドームを使う方法でどれだけ避妊として役立つのか…難しいところです。性行為をすれば必ず妊娠というわけではありませんが、妊娠しないとは言い切れませんね。確実に避妊をするにはどうしたらいいのか…思ってもいない妊娠をして負担がかかるのは女性です。女性が出来る避妊は低用量ピルを利用することです。

*

妊娠を避けることが出来る低用量ピル「トリキュラー」のしくみ

妊娠を避けることの出来る薬を低用量ピルといいます。

ピルは日本の中で使える避妊方法の中でも最も安全性が高く、確実な方法だとされています。そんな経口避妊薬である低用量ピルの1つが「トリキュラー」になり、ピルの中でもよく使われる薬です。

妊娠を錯覚させるホルモン

トリキュラーはドイツのバイエル薬品株式会社が製造販売している薬になり、ほぼ100%の避妊効果を発揮するとされています。

飲んだ後に出てくる不調も現れにくいという特徴があるため、婦人科などでも広く利用されている薬になります。ピルの仕組みとしては、卵胞ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンの2種類のホルモンに似た働きのする成分が含まれています。

女性ホルモンを外側から増やして体を妊娠した状態と同じホルモンバランスを作り出すことによって、脳を妊娠したと錯覚させることで妊娠を防ぎます。

脳が妊娠したと錯覚すると卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑えることが出来、排卵を制御して子宮内膜を変化させて受精卵を着床しにくくし、子宮頸管の粘膜を変化させて精子を子宮に入りにくくする作用があります。

正しく服用することによって、ほぼ100%の避妊効果を発揮させることが出来ます。また、乱れているホルモンバランスを整えることが出来るため生理周期が安定する効果も期待出来ます。

トリキュラーは3段階でホルモン変化

低用量ピルには女性ホルモンの含有量の異なる種類のものがありますが、トリキュラーはホルモンの配合量が3段階に分かれているタイプです。

体内のホルモンバランスは自然に変化していきますが、ピルの女性ホルモンも合わせて変化させることで体への負担が少なくすることが出来ます。不正出血などが起こりにくくなるとされており、休薬期間に消退出血が起こりやすくなります。

ただし、トリキュラーを飲む際に注意したいのが飲み間違いの注意です。

錠剤によってホルモンの配合量が異なってくる薬のため、飲み間違いをしてしまうと妊娠を避ける効果を発揮しなくなってしまいます。また、基本的には体に負担のかからない薬ではありますが、服用中に違和感が続くのであれば早めに医師に相談することが大切です。

トリキュラーはきちんと正しく使っていればほぼ100%の避妊効果が得られます。
低用量ピルは女性が確実に避妊することの出来る方法のため、コンドームだけでは不安という場合や生理周期を整えたいという場合には婦人科に行って処方してもらうことをおすすめします。

公開日:
最終更新日:2017/12/06